後ろ姿すっきり!背中の贅肉撃退! 快適な身体づくりをサポートしています

ちゃんと食べるようになったら痩せました!

2018/10/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
金子由美
1988年からフィットネスクラブのスタジオインストラクター、2003年からパーソナルトトレーナーとして活動し、マンツーマンやグループを中心に健康維持増進をサポート。年齢を重ねても好きなことを楽しんでいける、快適な身体づくりのためにできることから始めたい女性に支持されている。ピラティスやマスターストレッチをはじめ、筋力トレーニングや栄養コンシェルジュとして食事改善プログラムも提供中。

こんにちは。

二子玉川を拠点に快適な身体づくりをサポートしているトレーナーの  金子由美  です。

5月後半から3ヶ月のスタイルアップコースを始めた60代女性のY様。

そろそろ終盤、かなり良い調子で進んでいます。

今日はその途中経過をお話しします。

(具体的な結果は改めて書きます)

 

 

痩せたいけれど食事は変えたくないです!

 

最初にお話をした時は、「食事は変えたくないです」とおっしゃっていました。

我慢をしたり制限をしたりしたくないとのこと。

 

わかります!

 

食べることは快楽であり、幸せな気分になりますよね。

テレビで美味しそうなものを見て不愉快になる人はあまりいないのではないでしょうか。

目で見て、舌で味わって、脳にはとても良い刺激になります。

それを我慢したり制限したりしなければダメ!なんて…

嬉しいはずがないです。

もちろん食事制限をした方が良いケースはあります。

(糖尿病、脂肪肝、生活習慣病など)

それ以外にもかかわらず食事制限をする必要がどのくらいあるのか。

それを含めて最適なことを選べば大きなストレスにはならないのではないでしょうか。

 

甘いものが食べたい!と思わなくなる?

 

Y様はスタイルアップコースを始める前から頻繁にご自身でトレーニングをされていました。

それでも思うように身体がが引き締らず、どうしたものか…と思っていたようです。

スタイルアップコースでは、食事の選び方や食べるタイミングなどを具体的にお伝えします。

これは、個人の生活リズムを考慮して相談をしながらアドバイスをしていきます。

例えば、甘いものが大好きだとします。

けして全てをNGにするのではなく、『なぜ』『どうやって』を理解してもらうことを大切にしています。

その理由などがわかり、実践していくと以前より「食べたい!」が減ってくるのです。

これは甘いものに限らず起こること。

自然の流れの中でご本人の思考が変わっていきます。

 

 

ただ痩せればいいのですか?

 

ダイエット…女性なら経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

ダイエットというと体重を落とすこと、痩せることだと思いがちですがそうではないです。

その人にとっての適正体重にすることが本来のダイエット。

人によっては太ることも必要なのです。

ただ、手軽に食べるものが手に入り便利になるほど活動量が減っていく現代は、生活習慣病などのリスクによって減量することが重要視されています。

ここは数字にこだわらず、自分にとって最適な身体がどういったものかを考えてみましょう。

 

見た目が大事?感覚が大事?

 

私の場合、20代の頃はとにかく見た目が大事で、食べたいものを我慢したり偏った食事をしていた時期がありました。

すでに運動指導の仕事をしていたので、筋力トレーニングや有酸素運動を毎日のようにやっていました。

それでもポチャポチャしていたし、正しく動けていなかったのか身体に負担をかけていたのでしょう。

その影響で膝を痛めてしまったこともあります。

今思うと、運動のやり方や食事のとり方が間違っていましたね。

だからこそこのブログを読んでくれているあなたには、納得のいく身体を手に入れて欲しいと思っています。

 

ではどうすればいいのか。

それは…

 

感覚を磨くこと!

 

どういうことか詳しく説明します。

まず、なんとなく立った時に足裏の感覚はありますか?

それははっきりしているのか、ぼんやりしているのか。

どこに力が入っていて、どこに張りがあるのか。

もしくは重力に反して立っているのか、うまく支えられずにいるのか。

普段は考えたことがないかもしれません。

それでも、よーく観察していくと少しずつわかってくるでしょう。

そして、なにかのスポーツや日常動作でも動きの良い癖が身についていくことができれば、もっと楽に感じられるはずです。

 

結果、見た目もいい状態に変わってくれますし、精神的にも大きなストレスはなくなります。

若い頃よりも、なりたい自分やその未来が違ってきていませんか?

人生80年だとしたら、この先を見据えて楽しみたいですね。

 

お問い合わせはコチラ(24時間以内に返信いたします)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
金子由美
1988年からフィットネスクラブのスタジオインストラクター、2003年からパーソナルトトレーナーとして活動し、マンツーマンやグループを中心に健康維持増進をサポート。年齢を重ねても好きなことを楽しんでいける、快適な身体づくりのためにできることから始めたい女性に支持されている。ピラティスやマスターストレッチをはじめ、筋力トレーニングや栄養コンシェルジュとして食事改善プログラムも提供中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 金子由美のブログ , 2018 All Rights Reserved.