後ろ姿すっきり!背中の贅肉撃退! 快適な身体づくりをサポートしています

姿勢が気になる人にお勧めなマスターストレッチ!

2018/09/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
金子由美
1988年からフィットネスクラブのスタジオインストラクター、2003年からパーソナルトトレーナーとして活動し、マンツーマンやグループを中心に健康維持増進をサポート。年齢を重ねても好きなことを楽しんでいける、快適な身体づくりのためにできることから始めたい女性に支持されている。ピラティスやマスターストレッチをはじめ、筋力トレーニングや栄養コンシェルジュとして食事改善プログラムも提供中。

20代の頃はそれ気にしてなかったけれど、最近なんだか姿勢が気になってきた…

ふと鏡に映った自分の姿を見てハッと思った…

年齢とともに筋力や柔軟性が低下していくことで、見た目にも変化が現れることがあります。

椅子の座り方やスマホの画面を見ている時の姿勢にも気をつけたいです。

やはりシュッと上に伸びた方が見た目にも綺麗!

背中を丸めていると首や肩も凝りやすいですし、お腹周りに脂肪がつきやすくなります。

 

綺麗な姿勢を目指すために知っておきたいこと

 

印象良く綺麗でいるためにも、首こり肩こりやお腹の脂肪を溜め込まないためにはどうしたらいいの…?

 

それを解消するにはポイントが2つ。

 

1、骨盤の傾きを修正しよう!

 

骨盤が後ろに傾いた状態を「後傾」と言います。

この状態はいわゆる猫背、腰が丸くなり重心が下がります。

さらに、膝が曲がり気味になり負担をかけやすくなります。

椅子に座っている時などは、お尻の筋肉を潰していますので形が崩れてしまいますよね。

プリッとしたお尻を目指すにも要チェックです。

骨盤は、やや前に傾いた状態「前傾」にして腰の滑らかなカーブを作るようにしましょう。

(ただ、腰を反るわけではありませんので見極めが必要です)

 

2、肋骨の動きを修正しよう!

 

息を吸うと胸が広がり持ち上がります。

しかし、肋骨周りの筋肉が硬くなっていると動きに制限が出てきて胸が広がりにくくなります。

この状態ですと呼吸が浅くなったり、首や肩が緊張したりしてしまいます。

肋骨の動きに制限が出てくると身体のしなやかさにも影響が出てくるでしょう。

そのようにならない(改善する)ためにも、背中や肋骨の柔軟性をつけて動きやすくしたいです。

 

骨盤と肋骨、この2つが改善されると背中がスッキリとしてとても心地が良くなるのです。

さらに余分な贅肉がとれて背中美人になります。

続けているお客様は50代、60代でも背中がスッキリされています。

どうですか? 綺麗な後ろ姿は好きですか?

 

やり方はいろいろとありますが、特にお勧めしたいのがこれ!

 

 

 

これは『マスターストレッチ』というものです。

硬い筋肉が伸びるのはもちろん、関節の動きをスムーズにするので、歩くことや腕を上げる動作がやりやすくなります。

骨盤から背骨を連続で動かしていくので、やってみると背中がスッキリとするんです!

快適ですよ〜

 

マスターストレッチを受けたご感想

 

【マスターストレッチを行なっているお客様の感想をご紹介します。】

 

◉最初は足の裏がジンジンして、普段使っていないのだなと思いました。

それでも動いているうちにそれがなくなり、マスターストレッチをぬいでみると足の裏の感触が心地よくて安定しているのがわかりました。

腿の裏などもかなり伸びいてすっきりします。(30代女性 Uさま)

 

◉身体を意識して動かすことに慣れていなかったので、うまく動けるのかな…と思っていました。

はじめての時は正直よく分からなかったのですが、数回続けていくうちにコントロールの仕方や動きのポイントがわかってきたので面白いです。

背中もだいぶスッキリしてきて姿勢が良くなったと言われるようになりました。(60代女性 Mさま)

 

◉はじめはとにかく腿の裏やふくらはぎが伸びて痛かったです。

やったことがないので、何がどうなっているのかというのが最初でした。

しかし、柔軟性が確実に上がり呼吸をするのがすごく楽になったのです。

さらに腕が動かしやすくなったので背中のこりが減ってきたような感じで嬉しいです。(50代女性 Sさま)

 

初めてでも柔軟性アップの効果を感じられます!

(左ビフォー;右アフター)

 

 

やってみると普段伸ばしたことのない部分が伸びたり、今までとは違う感覚を感じることができたりするマスターストレッチ。

体験してみたいな…とピンときたらご連絡をお待ちしております。

実施場所は、個別にご相談ください。

(ご自宅・トレーニングスペース・フィットネスクラブ・レンタルスペースなど)

 

今後も目的に沿ったトレーニングコースをご紹介しますね。

例)
姿勢改善
お尻引き締め
脚の引き締め
首、肩こり改善 etc…

この記事を書いている人 - WRITER -
金子由美
1988年からフィットネスクラブのスタジオインストラクター、2003年からパーソナルトトレーナーとして活動し、マンツーマンやグループを中心に健康維持増進をサポート。年齢を重ねても好きなことを楽しんでいける、快適な身体づくりのためにできることから始めたい女性に支持されている。ピラティスやマスターストレッチをはじめ、筋力トレーニングや栄養コンシェルジュとして食事改善プログラムも提供中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 金子由美のブログ , 2018 All Rights Reserved.