オンラインでも自分でできる!快適な身体づくりをサポートしています!

後ろ姿は見られている!猫背を解消するには、背中を動かして若々しさをアップ!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1988年からフィットネスクラブのスタジオインストラクター、2003年からパーソナルトトレーナーとして活動し、マンツーマンやグループを中心に健康維持増進をサポート。年齢を重ねても好きなことを楽しんでいける、快適な身体づくりのためにできることから始めたい女性に支持されている。ピラティスやマスターストレッチをはじめ、筋力トレーニングや栄養コンシェルジュとして食事改善プログラムも提供中。
詳しいプロフィールはこちら

パソコンやスマホを見ている時間が長くなると猫背になりがちではないですか?

画面に集中すると顔が前に出て首にストレスがかかります。

顔を上げて、背中をこまめに動かしながらすっきり若々しい姿勢を目指しましょう。

◆金子由美のプロフィール➡https://yumikaneko.com/my-profile-1/

姿勢が悪くなると不調につながる

バランスの良い姿勢というのは、足ー骨盤ー肩ー頭が正しく配列されたこと。

例えば骨盤が前にズレていたり、下を向く機会が多くなると無理に支えようとして筋肉の緊張が生まれます。

私たちの身体は重力の影響を受けてますので、局所的に重さがかかれば痛みを感じてしまうことに。

なるべくそのような負担をかけず快適でいたいものですね。

そのためにも、まずはご自身の姿勢の特徴を知ることから始めましょう。

一番良いのは誰かに見てもらうこと。

もしくは写真に撮って確認することです。

何故なら自分の思い描いたイメージと実際にズレが生じることはよくあるから。

客観的な目でチェックするのがオススメ。

理想の姿勢をチェック!

今回は横からの姿勢を紹介します。

『くるぶしの前、膝の中心よりやや前、大転子、肩峰、耳たぶ』

これが一直線上に並んでいるかどうか。

よく見かけるのは骨盤が前にスライドしているスウェイバック姿勢。

反り腰や頭が前に出ている人も多いです。

簡単にできる背中のエクササイズ

①胸を開く

息を吸いながら胸を開く。

手のひらは外向きにして、肘を背中に刺すようなイメージで力を入れる。

アゴは上げすぎず、胸を天井の方へ向けるように背中を反らす。

②背中を丸める

手のひらを下に向け、身体の前で腕をクロスする。

息を吐きながらお腹を凹ませる。

肩が上がりやすいので首を長く保つ。

➀と②を繰り返して背中をしなやかに動かすようにしましょう。

肩甲骨あたりを意識すると分かりやすくて良いです。

往復で10~20回くらいを目安にどうぞ。

インスタグラムでもいろいろなエクササイズを紹介してます

クリックするとInstagramに飛びます。

https://www.instagram.com/yumitore_body

まとめ

同じ姿勢をしているとその状態が形状記憶されてしまいます。

筋肉の弱化や身体の不調を起こしてしまわないためにも、適度に動かすことが大切。

仕事の合間、家事の合間にちょこっとエクササイズしてみてくださいね。

◆ゆみトレサービス詳細➡https://yumikaneko.com/list-of-services-provided/

◆仕事依頼&サービス問い合わせ➡https://yumikaneko.com/job-requests-and-inquiries/

この記事を書いている人 - WRITER -
1988年からフィットネスクラブのスタジオインストラクター、2003年からパーソナルトトレーナーとして活動し、マンツーマンやグループを中心に健康維持増進をサポート。年齢を重ねても好きなことを楽しんでいける、快適な身体づくりのためにできることから始めたい女性に支持されている。ピラティスやマスターストレッチをはじめ、筋力トレーニングや栄養コンシェルジュとして食事改善プログラムも提供中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ❝ゆみトレ!❞ ブログ , 2022 All Rights Reserved.