後ろ姿すっきり!背中の贅肉撃退! 快適な身体づくりをサポートしています

身体が悲鳴上げる前に『セルフメンテナンスを!!』

 
この記事を書いている人 - WRITER -
金子由美
1988年からフィットネスクラブのスタジオインストラクター、2003年からパーソナルトトレーナーとして活動し、マンツーマンやグループを中心に健康維持増進をサポート。年齢を重ねても好きなことを楽しんでいける、快適な身体づくりのためにできることから始めたい女性に支持されている。ピラティスやマスターストレッチをはじめ、筋力トレーニングや栄養コンシェルジュとして食事改善プログラムも提供中。

こんにちは。

快適な身体づくり専門、パーソナルトレーナーの金子由美です。

40歳半ばを過ぎたあたりから、なんとなく身体の変化を感じる…

と、少なからず思うことありませんか?

私の場合は…

・疲れや身体の痛みを感じやすくなった

・身体が重くなってきた

・いろいろと面倒になってきた

 

もちろんプラスなことだってあるものの、身体だけでなくメンタル面も30代までとは明らかに違う。

40代から70代女性を中心にトレーニングや身体の調整をさせてもらう中で、身体やメンタルの変化が出てくる50歳前後の過ごし方は大事なんだなと感じています。

今の自分を大切にするのは未来の自分のためでもあったりするのでは?

 

「そうだけど、日々の努力だと思うので難しい…」

そこで本日は、身体の感覚を高めるだけで整えられるセルフメンテナンスの一つを紹介したいと思います。

 

 

セルフメンテナンスって何?

 

セルフメンテナンスとは具体的にどのようなことを意味するのでしょうか。

コトバンクがわかりやすく解説しているので引用します。

『自分自身の状態を自分で点検し、異常があれば修復して健全な状態を維持すること』

 

ここには2つのことが書いてあります。

1、自分自身の状態を自分で点検する→身体の癖やバランスを把握する

2、異常があれば修復する→動きの修正をしてバランスを整える

 

簡単なことではない?かもですが、自分に目を向け耳を傾けてほしいです。

良くない方向へ向けばどんどんそちらに導かれて進んでしまうのではないかな…

それはもったいない!軌道修正はできるはずです。

 

最初から諦めてない?

 

腰が痛い、身体の歪みが気になる、背中のお肉をなんとかしたい…

いろいろなお悩みはあるようです。もちろん私も^^;

ストイックにガツガツ動いている、と思われることもあるようですが身体の不調はそれなりにあったりします。

何もしたくないと思うこともありますよね〜

調子が良くないと不安になったり、なんとかしたいと思ったりします。

どうしたらいいのか分からず悩んでませんか?

今はネットで手軽に情報を得ることができるし、治療院へ行くこともできます。

その悩みを仕方ない…と最初から諦めずに行動を起こすことに賛成です。

 

自分の身体を自分でメンテナンスできるといいのに

 

 

私はパーソナルトレーナーとして身体のケアを仕事にしています。

もともと動くことは好きで、グループレッスンから始め約30年身体づくりに携わっています。

最初の10年くらいはテクニックより若いパワーが先行していたのかも。

おそらく20代の頃より50代の今の方が身体はしなやかです。

とはいえ体力の衰えは年相応(笑)。

だからこそ、確実に衰えは来ても自分でメンテナンス(セルフメンテナンス)ができたらいいと思いませんか?

 

セルフメンテナンスのやり方はいろいろあり、私のおすすめも沢山あります。

何が合うかは人によりますが、ポイントは2つ。

 

1、身体を振る揺らす

例えば正座で床に手をついてお尻を左右に揺らしたり、立って身体を上下に揺らしたり。

腰を回す動作も良いですね。

 

2、身体を触る

皮膚をさする、足を揉みほぐす、マッサージなども良いです。

「手当て」という言葉があるように、手の効果は案外あります。

 

とにかくセルフメンテナンスをすることで身体の感覚を高めていければ、大きな不調も起こりにくくなるはず。

これは自然治癒力を高めることにも繋がるのではないかなと思っています。

 

 

身体をしなやかにするセルフメンテナンス

 

私のおすすめセルフメンテナンスのひとつを紹介します!

 

これはどこでも手軽にできます。

もしかすると最初は思うようにできないかもしれませんが、ここは諦めず繰り返しコツをつかんでくださいね!

鏡を見て行うと良いですので用意してください。

 

やってみよう!「肩ふるふる」

 

両手を合わせ、胸の中心に固定します。

首長く、肩はリラックスですよ〜

 

顔の向きは変えず、胸を右へ向けます。

 

続いて左へ。

 

鏡を見て、顔を一緒に動かさず行うことがポイント!

首を傾げたりもしません。

最初はゆっくりでも良いですので、コツをつかんできたら「いち、に、いち、に」とリズミカルに速くやってみましょう。

 

※これはNGパターンです!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

これは私が大事にしている「ボディイメージ」にも繋がります。

自分の頭で思い描くイメージと、実際に動いている身体のズレが大きくなればなるほど不調を起こしてしまう…

だとしたら、そのギャップを減らして自己管理できた方が良いはず!

精神的なストレスも減らしてくれるのではないでしょうか。

 

まだまだ自分でできることはあります。

何をしたらいい?

正しくできているのかな?

など、思ったら一度ご相談ください!

 

 

 

\私の書いた初めての本がAmazonから発売されました\

『今日からつくれる健やかボディ』

手軽にできる快適な身体づくりを

あなたにお届けします!

第1章 年齢を重ねても快適な身体づくりを目指すために~50代の変化~
第2章 自分の身体は自分でコントロールしよう
第3章 長い目で見た健康体を手に入れるためにも身体を意識してみよう
第4章 手軽にできることから始めてみよう
第5章 今もこの先も楽しく過ごすための身体づくりをやってみよう!

ご購入はこちらから

⬇︎⬇︎⬇︎

【今日からつくれる健やかボディ】

 

 

友だち追加

お友だち登録お待ちしてます!(特典付き!)

身体のお役立ち情報など不定期配信しています。

お問い合わせ、ご予約などLINE@からもお気軽にどうぞ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
金子由美
1988年からフィットネスクラブのスタジオインストラクター、2003年からパーソナルトトレーナーとして活動し、マンツーマンやグループを中心に健康維持増進をサポート。年齢を重ねても好きなことを楽しんでいける、快適な身体づくりのためにできることから始めたい女性に支持されている。ピラティスやマスターストレッチをはじめ、筋力トレーニングや栄養コンシェルジュとして食事改善プログラムも提供中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 金子由美のブログ , 2019 All Rights Reserved.