後ろ姿すっきり!背中の贅肉撃退! 快適な身体づくりをサポートしています

やったもん勝ち!必見、足のエクササイズ4選!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
金子由美
1988年からフィットネスクラブのスタジオインストラクター、2003年からパーソナルトトレーナーとして活動し、マンツーマンやグループを中心に健康維持増進をサポート。年齢を重ねても好きなことを楽しんでいける、快適な身体づくりのためにできることから始めたい女性に支持されている。ピラティスやマスターストレッチをはじめ、筋力トレーニングや栄養コンシェルジュとして食事改善プログラムも提供中。

さあ、裸足になって足を触ってみよう!!

寒くなる季節だからこそお勧めしたいことがあります。

こんにちは!

快適な身体づくり専門、パーソナルトレーナーの金子由美です。

前回に引き続き、大事な身体のパーツのひとつ『足』のことを話します。

まだお読みでない方はこちらをご覧ください。

「絶対おすすめ!やってみよう足のセルフケア5選!」

本日はおすすめのエクササイズを4つご紹介します!!

 

足が整うと何がいいの?

 

身体の骨の1/4が集まっている「足」。

小さいながら、身体を支えている大事な土台の部分でもあります。

その足が整うというのはどういうこと?って思いますよね。

シンプルに考えて、片足26個ある骨の位置が理想な状態。

骨の数が多いぶん関節も多くあり崩れやすいとも言えます。

例えば、内側の骨が下がって土踏まずが低く扁平足だったり、親指が曲がって外反母趾だったりだと本来の形ではなくなります。

他にも指が曲がっているとか浮いている(浮き指)のを見たことがあります。

自分の足を観察してみて、乾燥してカサカサしていたり皮膚が硬くなっていたりしたらセルフケアが必要です!!

ぜひ、理想に近づいた足の形を目指しましょう。

 

身体を引き締めたい人へ

 

脚を細くしたい、カッコ良いお尻を目指したいとトレーニングをする人もいると思います。

もちろん引き締めるには筋トレが必要です。

筋トレには足を地面に着いて行うものや着かないで行うものがあります。

足を着いて行うトレーニングをする場合は、足の安定感や感覚が影響してきます。

土台が乱れていては、踏ん張りにくく効かせたい部分の刺激が半減するかもしれないのです。

それはもったいな〜い!

もし足の外側に体重が乗っていれば、脚の外側にストレスがかかり外ももが張りO脚にもなり得ます。

せっかく頑張っているのだから、良い結果を出したいですよね。

 

膝が痛い人へ

 

合わない靴を履いていたり、足がふわっとして安定していなかったりだと腿の前を使いすぎてしまうかもしれません。

そうすると膝に負担のかかる歩き方になることがあります。

もちろん股関節の問題も大きく、足裏が地面を押し地面から押し返してくる力を体幹に伝えることが必要です。

安定しないまま動いているかは自分では分からないもの。

腿の前を触ってみて張りが強い、筋肉が硬くなっていませんか?

あるいは膝裏が硬く伸びにくくなっていませんか?

 

 

やってみよう!4つのエクササイズ!

 

さて、お待たせしました!

小さいパーツを動かすので地味なものもありますが、繰り返しコツや感覚をつかんでみてくださいね^^

※前回の記事 「絶対おすすめ!やってみよう足のセルフケア5選!」 で紹介したセルフケアをやってからの方が動かしやすいです。

動きによっては足裏がつりやすいので、気をつけてやってくださいませ。

 

1、チョキ&プッシュ

 

親指だけ上に上げる。

 

 

親指だけ床を押す。

 

 

親指と小指だけで床を押す。

 

最初は思うように動かせないかもしれません。

ちょっぴりモヤモヤするかもですが諦めず!

手で親指以外や真ん中3本をサポートしながら動かす力を身につけましょう。

 

 

2、プッシュ&プル

 

足首を曲げたり伸ばしたりします。

この時のポイントは指。

足首をしっかり動かしてみましょう。

 

足首を曲げて指を反らす。

 

 

母指球で押すようにしながら足首を伸ばす。

 

 

足首を伸ばしたまま指をグーにする。

 

 

グーのまま足首を曲げる。

 

 

3、ダイナミックな足首振り

 

これはただ単に足首を左右に振るのではなく、2のプッシュ&プルも含まれています。

写真の左から右へ進み、右から左へ戻ります。

 

足首を曲げ、外へ開いてグー。

 

グーのまま足首を伸ばして内側へ。

 

 

さらに内側へ動かし足首を曲げる。

同じやり方で内側から外側へ戻る。

 

 

4、アーチアップ

 

これはかなり地味です。

動きが小さくても足裏(アーチ)を引き上げるようにします。

 

足を地面に着いた状態から…

 

踵と母指球で床を押して土踏まずを持ち上げアーチを作る。

(指でつかみたくなるのグッと我慢!)

 

よーく見るとアーチが出来てます!!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

最後のアーチアップはだいぶマニアックな…感じ⁉︎

最初は全く動かない人もいます。

しかし、少しずつでもやり続けたら動くはずです。

継続は力なり!

足を柔らかく、触りごごちよくなると気持ちいいです!

健康は足もとから。

そして美脚・美尻のためにも、膝痛解消のためにも、姿勢改善のためにも。

そして、なんといっても《快適な身体》であるためにも是非チャレンジしてください。

 

 

 

\私の書いた初めての本がAmazonから発売されました\

『今日からつくれる健やかボディ』

手軽にできる快適な身体づくりを

あなたにお届けします!

第1章 年齢を重ねても快適な身体づくりを目指すために~50代の変化~
第2章 自分の身体は自分でコントロールしよう
第3章 長い目で見た健康体を手に入れるためにも身体を意識してみよう
第4章 手軽にできることから始めてみよう
第5章 今もこの先も楽しく過ごすための身体づくりをやってみよう!

ご購入はこちらから

⬇︎⬇︎⬇︎

【今日からつくれる健やかボディ】

 

 

友だち追加

友だち登録していただいた方に、

後ろ姿をすっきりさせるためのアドバイス&

ご自宅で出来る3つのエクササイズPDFをプレゼント!

『後ろ姿すっきりエクササイズ』

〜はみ肉撃退!姿勢を改善して快適に!〜

その他、快適な身体づくりに必要なことや

スタイルアップのための

お役立ち情報などを不定期配信しています。

LINEから質問やお問い合わせも承っています。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
金子由美
1988年からフィットネスクラブのスタジオインストラクター、2003年からパーソナルトトレーナーとして活動し、マンツーマンやグループを中心に健康維持増進をサポート。年齢を重ねても好きなことを楽しんでいける、快適な身体づくりのためにできることから始めたい女性に支持されている。ピラティスやマスターストレッチをはじめ、筋力トレーニングや栄養コンシェルジュとして食事改善プログラムも提供中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 金子由美のブログ , 2019 All Rights Reserved.