オンラインでも自分でできる!快適な身体づくりをサポートしています!

プレ更年期(30代後半~)、更年期(45~55歳)に効く!今から始める3つのこと!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1988年からフィットネスクラブのスタジオインストラクター、2003年からパーソナルトトレーナーとして活動し、マンツーマンやグループを中心に健康維持増進をサポート。年齢を重ねても好きなことを楽しんでいける、快適な身体づくりのためにできることから始めたい女性に支持されている。ピラティスやマスターストレッチをはじめ、筋力トレーニングや栄養コンシェルジュとして食事改善プログラムも提供中。
詳しいプロフィールはこちら

更年期(45~55歳)は誰でも来るけれど、症状が出る人ばかりではなさそうです。なんとなくの変化はあっても自覚がない、あとから思えばあの時はそうだったのかも、という人もいらっしゃいます。

女性の体は30代後半から徐々に変わりつつあります。「疲れやすくなってきた」「急に顔がほてる時がある」「ちょっとしたことでイラっとする」…

他にも思い当たることはないですか?そこで今日は、更年期の症状が出る前に今から始める3つのことについて話したいと思います。

更年期ってなんだろう?

女性の体は女性ホルモンによって変化があります。女性ホルモンは7、8歳ぐらいの『思春期』から分泌され始め、20代前半までがピークです。その後20年ぐらいは女性が一番輝いている『性成熟期』

そして女性ホルモンは40歳を迎える頃から急激に減り始めるといわれています。体型が変わってきたり、今までできたことがスムーズにいかなかったり。確実に20代30代とは違いを感じます。

この頃が『更年期』。45歳から55歳で、女性にとって心身ともに変化を感じる時期なのです。これは誰もが迎えるものですが、更年期特有の症状がでる場合もあります。

【更年期の症状】

だるい・立ちくらみ・疲れやすい・耳鳴り・のぼせ・動悸・ほてり・手足の痺れ・多汗・関節の痛み・手足の冷え・身体のかゆみ・腰痛・肌や目や口の乾燥・肩こり・頭痛・尿トラブル・めまい・イライラ・不眠・不安感など

症状が重い場合はホルモン補充療法などありますが、約8割の人は症状が出ても生活に支障が出るほどではなくやり過ごせることが多いようです。

もしかしたらプレ更年期かも?

40歳を迎える頃から女性ホルモンが急激に減り始めると言いましたが、中には30代後半ぐらいからそれに似た症状が出る人もいます。それが『プレ更年期』

なんとなくやる気が起きなかったり、今までとはなんか違うなと思ったりしませんか?まじめな性格の人だと自分がダメだと思い、自分で自分を責めてしまうこともあるようです。

それはあなたが悪いわけではない!!

女性ホルモンの影響なのだから気持ちを穏やかに、うまく自分と向き合いながら過ごすことを考えていきましょうよ^^

おすすめ記事➡更年期になると太りやすいってホント?

更年期、今から始める3つのこと!

私は現在53歳で、更年期真っ只中です。症状は多少あるかな?思い当たることといえば、顔がほてることがあったり手足の冷えが強くなってきたり。それと肌や目の乾燥ですね。あまりイライラはしないけれど、動悸はたまにあるかもしれません。

①適度な運動習慣を心がける

女性ホルモンのバランスが乱れ始めると、首から肩に凝りや疲労を感じやすくなります。中には頭痛に悩まされる人もいらっしゃいます。

また、20代30代に比べると痩せにくく太りやすくなる人も多いようです。これは基礎代謝が落ちていることも考えられますが、動く機会が減ってくるのも要因の一つではないでしょうか。

まずはストレッチなどの軽い運動で、肩甲骨や背骨を動かすことから始めましょう。ウォーキングなどの有酸素運動もおすすめです!

適度な運動習慣におすすめ➡❝ゆみトレ❞ サービス詳細

②心のゆとりを持つ

部屋が散らかっている、物があふれているなど心当たりないですか?心にゆとりがある時は案外身の回りが片付いているものです。すっきり整理整頓されている方が気分も良くなります。

使ったものは放置しないで元に戻す、必要のないものを買わずシンプルにする、部屋を綺麗にするよう心掛ける、など。こまめに片づけていればそれが習慣になります。

また、目を閉じてゆっくり呼吸をするとリラックス効果が高まります。何事も完璧を求めず、自分を労わることで気持ちに余裕が出てくるはずです。

③体を整える

運動習慣を心がけることに加えて、筋力柔軟性や体の感覚を高めましょう。自分の姿勢の特徴を知っていますか?例えば、『猫背タイプ』『反り腰タイプ』『スウェイバック』など。良くない癖がついていないか要チェックです。

その姿勢の特徴によって呼吸が浅くなり気分が落ち込みやすくなることも考えられます。その姿勢の特徴によって首から肩に凝りや疲労がきているかもしれません。その姿勢の特徴によって体の痛みが出ているのかもしれません。

まずは姿勢の特徴(癖など)を知ることが大事。そこから、あなたにとってやった方がいいことが見えてきます。

おすすめ記事➡更年期でも痩せられるたった3つのこと

更年期に効く!のまとめ

今から始める3つのこと

  • 適度な運動習慣を心がける
  • 心にゆとりを持つ
  • 体を整える

女性ホルモンは体の中から変化をもたらし、精神的な不安定なども感じやすくなります。

心と体は繋がっている

体が元気、整っていることで心も整い安心感が生まれます。逆を言えば、体の歪みが心も歪ませてしまうのかもしれません。だからこそ、肉体の状態を知ることやそれを正しく導いていくことが大切なのですね。

同じ更年期を経験する(している)女性として、体を整えるサポートはお任せください^^

❝ゆみトレ❞ サービス詳細

パーソナルセッション相談&お申し込み

この記事を書いている人 - WRITER -
1988年からフィットネスクラブのスタジオインストラクター、2003年からパーソナルトトレーナーとして活動し、マンツーマンやグループを中心に健康維持増進をサポート。年齢を重ねても好きなことを楽しんでいける、快適な身体づくりのためにできることから始めたい女性に支持されている。ピラティスやマスターストレッチをはじめ、筋力トレーニングや栄養コンシェルジュとして食事改善プログラムも提供中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ❝ゆみトレ!❞ ブログ , 2021 All Rights Reserved.